挨拶しようとして・・・・

挨拶しようとして彼女の顔を見ると、そこには見覚えのある顔が。
彼女も驚いて、お互い声にならない声が出ました。
話には聞いた事がありましたが、自分が実際知り合いに会うとは思ってもみませんでした。

 

彼女は急いでソファに置いていたバックを持ち、「ごめんなさい。チェンジ…」と立ち去ろうとしました。
僕はそれを制し、再びソファに座らせました。

 

彼女は5〜6歳下で30歳前後。
家はそんなに近くないけど同じ市内で、趣味の武道教室で時々会う子です。
夫は一流の自動車会社で、地方に単身赴任中。
小さい子供が2人居たはずです。

 

「まさか君が来るとは…」と言うと、彼女は下を向いて黙ったままです。
デリヘルの店から確認の電話が来たので、とりあえず1時間のコースにしました。

 

知り合いでも顔、スタイル、性格が好みなら全然アリなんです。
ただ、この子は性格が悪くて教室の嫌われ者。
ガリガリの貧乳で、肌もザラザラしています。
顔は普通なんだけど、ちょっと変わった子ってイメージです。